機械加工・製缶・溶接・板金・組立


ベトナム 機械加工、部品加工、部品切削受託加工業務は加工コストが安く、日系企業、日本企業、外国企業によく利用されております。近年、中国プラスワンとしてベト ナムが日本企業に注目されております。さらに切削加工についても、日本の品質基準に対応可能な企業が増加してきております。

弊社は日本企業とベトナムとの架け橋として活動しております。協力企業と加工ネットワークを構築しながら、2012年には弊社が出資をした切削加工工場、VIJAを立ち上げることが出来ました。経営者及び役員は、日本で 10 年以上勤務した経験があり、Q-C-D のマネージメントは徹底しております。ま た、日本語での対応も可能ですので、ご関心のある方はお気軽にご連絡ください。

最初は500m2の小さい工場で事業をスタートし、現在は3500m2へ拡張し、加工設備は85台まで増やし3交替製にて対応しており、作業員も2年半で95名、今は162名まで増員しました。切削加工だけでなく溶接製缶や板金加工も行っています。2017年に生産設備の組立配線兼部品品質検査代行の600m2のITMC工場を立ち上げました。VIJA社また協力企業で加工してもらった部品をITMCでしっかり検査、梱包、出荷の業務代行および機械設備の組立・配線・試運転・据付し、納入後も責任を持って保全まで行う専門社です。

主なお取引先について
主な取引先は日本企業が95%を占めています。日本企業が約65%でベトナム進出日系企業屋組み立て用は約30%で他は約5%です。
業種は多岐に渡り、機械加工、設備、家電、半導体、航空機、自動車などで、コスト削減を求める日系企業です。
日本企業、アメリカ企業、アメリカに進出した日本企業など計27社です。

コストについて
日本相場の価格の約10~35%安いです。
ベトナムでは機械部品加工は輸出税、VAT 税が優遇対象品です。
簡単な加工、加工時間(工数)の少ない部品はメリットが少ないです。飛行機で発送する場合、重いものは送料が掛かりますので中小ものがメリットがあります。

輸送について
船便の場合は、輸送コストは約 45 ドル m 3 です。輸送機関は、2週間以内です。
航空便の場合の輸送期間は3日間です。なお、輸送コストは、重量によって異なりますので、詳細はご連絡いただければお調べいたします。なお、参考価格は、100 kg以上の場合、約 4.5 ドルkgです。

材料について
SS 材、 SUS 材、 AL 材、銅、真鍮、樹脂材は日本、台湾、韓国またはインド製です。
入手出来ない材料は海外から輸入します。

表面処理について
クロメート、黒染め、アルマイト、亜鉛メッキ、銀メッキ、ユニクロ、ニッケル、無電解ニッケルは韓国、台湾または日系企業を利用しております。
焼付け塗装、吹きつき塗装も対応しています。

熱処理について
焼き入れ、焼き戻し、焼きなまし、真空、浸炭、高周波焼き入れなど対応可能です。
他にご相談させていただきます。

弊社は現地調達や品質検査代行も行っており、加工経験、品質管理経験者が常任しており外注先に立ち合ったりしています。
専門的にQA室を立ち上げ、出荷する前にきちんと検査・梱包してからにしたいと思っております。
ご安心にご利用して頂けます。

製作サンプル(多品種小ロットも対応)

加工品サンプル(鉄、ステンレス、アルミ、銅、樹脂)

旋盤、フライス加工

旋盤、フライス加工

各種治具設計製作

 製造工場写真

ITMC 工場(品質検査・組立専用工場)

日本企業向け約75%、外資企業へ納入

溶接製缶も対応、アーク・TIG・MIG溶接

硬度計・検査定盤

3次元測定器・測定器完備

品証・組立配線室

VIJA 工場(切削加工・溶接製缶・板金加工)工場面積3500m2、スタッフ162人

マシニング、CNC旋盤、汎用フライス、汎用旋盤、計67台

マシニングセンタ、CNC生産ライン

 日本企業訪問


 

関連情報・ニュース

  ベトナムの基本情報
2016年, 電気設計制御部隊立ち上げ
2017年, 自社機械加工工場立ち上げ
2018年, 日本納入図面900万枚達成
2018年, 日本企業お取引115社達成
2019年, 日本に設計者派遣47人達成
2019年, 機械設計者252人育成達成
2020年, IDEAGROUP自社建物建設
2021年, 設計人材育成専門学校立上

主なお客様